踏み越えてしまったキス-2

MENU
オーガズムスポット

踏み越えてしまったキス-2

 

「お兄ちゃん・・・純子の裸で興奮してくれたんでしょ?純子、嬉しい・・・。」

 

ようやくちんぽから手をはなした純子は、そのまま僕に抱きついてくる。

 

踏み越えてしまったキス-2

 

中途半端にいじられたちんぽが精液の放出を求めて暴れている。

 

やわらかい純子のおっぱいや体が密着してきて、僕の理性をとかそうとする。

 

「お兄ちゃん・・・純子、はじめてはお兄ちゃんがいいの・・・。」

 

上気した顔で上目づかいに僕を見上げながら、ささやく純子の言葉をきいた瞬間、僕の中から近親相姦への恐れはなくなってしまった。

 

ずっと我慢してきたけど、もうムリだ。

 

僕は純子にキスをした。

 

純子は嬉しそうに、僕の首に手をまわして、舌を絡めてくる。

 

踏み越えてしまったキス-2

 

お互いはじめてだったから、ぎこちないキスだったけど、近親相姦の壁をはっきりと踏み越えてしまったキスだった。

 

僕たちは体をぬぐうのもそこそこに、ベットに倒れこんだ。

 

今までさわるのを我慢していたおっぱいは、柔らかくて弾力があって、乳首をしゃぶると、不思議な懐かしさを感じた。

 

足を開いておまんこをむき出しにすると、興奮ですっかりびちゃびちゃになっていて、舌で舐めてみると、今まで味わったことのないような味がした。

 

「お兄ちゃん・・・お兄ちゃん・・・。」

 

しつこいくらいワレメを舐めていると、純子が嬉しそうに、僕を呼ぶ。

 

おまんこの中に指を入れると、ちょっと痛がったので、止めようとすると、絶対イヤと抵抗された。

 

仕方がないので、ちょっとずつ奥へ指を入れて、少しずつおまんこを拡げる。

 

踏み越えてしまったキス-2

 

純子のおまんこは、こんなに狭いところにちんぽが本当に入るのかと、疑問に思うくらいきつかった。

 

ようやく、二本の指を入れられるようになったところで、純子がぐすぐすいいながら、

 

「もうお兄ちゃんのおちんぽ、純子のおまんこに入れてぇ・・・。」

 

ってつぶやいた。

 

「まだ痛いって!」とか、「もうちょっと慣らしてから!」っていっても、全然、ききやしない。

 

しかたなく、僕は純子のおまんこにちんぽをゆっくり挿入した。

 

純子は明らかに痛いのを我慢していて、僕のちんぽもちぎれそうに痛かった。

 

おっぱいをいじったり、クリトリスをいじると、少しおまんこがゆるむことに気がついて、純子の気をそらしながら、少しずつ奥へとちんぽをすすめた。

 

やっと全部ちんぽをおまんこに入れたときには、どっと疲れて、倒れこみそうになった。

 

踏み越えてしまったキス-2

 

「これで、純子はお兄ちゃんのものだよね?」

 

純子は泣きながら、僕にしがみついてくる。

 

僕は純子がいとおしくなって、つられて泣いてしまいそうになった。

 

近親相姦してしまった僕たちは、周りにばれないように気をつけながら、関係を続けている。

おすすめ無料サンプル動画

実録・近親相姦[一] 欲求不満兄嫁寝取り編

 

 

成熟した姉の裸に触れた童貞弟はイケない事と知りつつもチ○ポを勃起させて「禁断の近親相姦」してしまうのか!?7

 

 

パパに中出し10回されました。 なつめ愛莉

 

関連情報

アダルトグッズのNLS

アダルトグッズのNLS